1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 外科
  5. 小児外科

小児外科

小児外科ってどんな科?

 小児外科は新生児から思春期までを主な対象とした外科治療を行う診療部門です。女の子.png赤ちゃん.png

 こどもは体が小さく組織も脆弱なため、成人手術よりも繊細な手術器具や技術を要します。こどもはこれから心も身体も成長発達していきます。手術によって残る傷痕でその成長と発達に影響が出ないように、できるだけ手術の傷が小さくなるような手術方法を取り入れています。適応基準を決めたうえで日帰り手術.pdfも行っています。

担当医師:田中夏美 火曜日・木曜日[午後]※予約制

小児外科 午後 田中 田中
一般外科 午前 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制
午後 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制

地域の先生方へ

火曜日午後の専門外来以外でも、一般外科の交替診での診察も可能です。下記電話番号までお気軽にお電話ください。

医療機関専用電話:06-6387-3805 (地域医療連携担当)illust3525.png

ntanaka.jpg

田中 夏美
(医長)

  • 日本外科学会 外科認定医・専門医・指導医
  • 日本小児外科学会 小児外科専門医・指導医
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 難病指定医
  • 身体障害者福祉法指定医師(膀胱または直腸機能障害)
  • 小児慢性特定疾病指定医

臨床研修指導医講習会受講

緩和ケア研修会受講(平成28年)

《専門:小児外科》

主な対象疾患

鼠径ヘルニア

お腹の中の臓器(腸管や大網、卵巣など)が鼠径部に飛び出してきて膨隆する病気です。こどもの1~5%に発生すると言われています。放置すると飛び出した臓器がはまり込んで(嵌頓)、血行障害を起こして壊死してしまうことがあります。

手術に慣れた小児外科医が行わないと、重大な合併症が報告されています。当院では腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術を行っています。
急性虫垂炎

いわゆる「盲腸」と呼ばれている病気です。右下腹部の痛みが特徴的ですが、こどもは症状が分かりにくく、また腸の壁が薄いので破れやすいという問題があります。破れてしまうと、お腹の中に膿がたまるので治療に時間がかかり長期間の入院が必要になることもあります。

また、明らかな虫垂炎の所見がなくても、慢性もしくは繰り返す右下腹部痛に対する虫垂切除術で8割前後の症例で痛みが改善することが報告されています。右下腹部の痛みを繰り返すようなお子さんは一度ご相談下さい。

当院では虫垂炎に対して経臍的単孔式腹腔鏡補助下虫垂切除術を行っています。

臍ヘルニア

へその緒が取れた後に、お臍に腹圧がかかることで腸が飛び出してきて膨れる状態を臍ヘルニアと言います。510人のあかちゃんに1人の割合で見られ、1か月健診のころから目立ち始めて生後3か月頃まで大きくなります。2歳までに9割のお子さんは自然にお臍が膨れなくなりますが、皮膚のたるみが残ってお臍が飛び出たままになる場合もあります。

当院では圧迫固定をすることで皮膚のたるみを最小限に抑え、1~2歳を過ぎてもヘルニアが残っている場合は臍ヘルニア根治術を行っています。
停留精巣

陰嚢の中に精巣を触れない時は停留精巣の可能性があります。停留精巣を放置すると、精子を作る細胞が少しずつ機能を失って数も減ってしまいます。また、精巣の癌になる危険性が高くなることが報告されています。

治療の基本は手術で精巣を陰嚢内に固定することです。手術の時期は1歳前後から遅くとも2歳までに手術をするよう推奨されています。

乳児検診で停留精巣を指摘されたときは速やかに小児外科を受診して下さい。
肛門周囲膿瘍

肛門のまわりに膿がたまって赤く腫れる病気を肛門周囲膿瘍といいます。生後1ヶ月前後から1歳くらいのあかちゃんによく見られ、男の子に多いです。肛門周囲膿瘍はひどく膿をもつようになると、皮膚を切開して溜まっている膿を外に出した方が早く治ります。漢方薬で治療することもあります。

肛門のまわりが赤く腫れているのを見つけたときは,小児外科医を受診して下さい。

その他、以下の表に掲げるような疾患を疑われました際には大学病院と連携のもと対応可能ですので、いつでもご相談ください。

新生児外科疾患

先天性横隔膜ヘルニア、嚢胞性肺疾患、鎖肛、食道閉鎖症、十二指腸閉鎖症、小腸閉鎖症、腸回転異常症、など

体表、胸部

鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、臍ヘルニア、正中頚嚢胞、漏斗胸、副耳、耳前瘻など

消化器疾患

急性虫垂炎、肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、ヒルシュスプルング症、肛門周囲膿瘍、胆道閉鎖症、胆道拡張症、腸重積など

良性腫瘍

リンパ管腫、血管腫など

悪性腫瘍

神経芽腫、肝芽腫、腎芽腫、横紋筋肉腫、奇形腫群腫瘍など

腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術

お臍の底から3㎜の細長いカメラを挿入し、お腹の内側から鼠径ヘルニアの孔を観察します。右側腹部から2㎜の細長い鉗子を入れ、鼠径部からヘルニア手術専用の針を入れてヘルニア門を縛って閉じます。従来法では約1割の患児に術後反対側のヘルニアが出現して、もう一度入院して手術が必要になっていました。腹腔鏡手術ではお腹の中から観察するので、症状のない反対側も穴が開いていたら同時に手術できる利点があります。また、傷が小さいので術後はほとんど傷が分からなくなります。
syounigekamodify.jpg
ヘルニアの孔に糸(緑糸)を全周性にかけて、糸を結んで孔を閉じます。
腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術_1.jpg 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術_2.jpg

経臍的単孔式腹腔鏡補助下虫垂切除術

従来の腹腔鏡手術は腹部に複数の穴をあけて器具を挿入して行いますが、当院ではお臍に1か所だけ穴をあけて手術を施行します。お臍から5㎜の細長いカメラと鉗子を挿入し、虫垂をお臍から引っ張り出して切除します。術後の傷はお臍の中に隠れて目立たなくなります。傷が小さいため術後の痛みが少なく、回復が早い利点もあります。

経臍的単孔式腹腔鏡補助下虫垂切除術_1.jpg

臍ヘルニア 圧迫固定・臍ヘルニア根治術

圧迫固定
安全にお臍を圧迫固定する方法にはコツがあります。自己判断で行わず、小児外科外来を受診して下さい。

圧迫固定_1.jpg

臍ヘルニア根治術
臍の皮膚を切って、皮下を剥がしてヘルニアの袋を切り取りヘルニアの孔を縫合閉鎖します。皮膚の余剰が大きい時は皮膚を切って形を整えますが、大きなヘルニアほど形を整えるのが難しいです。

臍ヘルニア_2.png

肛門周囲膿瘍

肛門腫瘍_2.png

syounigeka.jpg   

病棟にはかわいい動物たちがいっぱい!どんな動物さんに会えるかな?

syounigeka_2.jpg

広くて、眺めの良いプレイルーム。屋上庭園もありますよ。