1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 外科
  5. 小児外科

小児外科

診療科紹介

小児外科ってどんな科?

 小児外科は新生児から思春期までを主な対象とした外科治療を行う診療部門です。女の子.png赤ちゃん.png

 こどもは体が小さく組織も脆弱なため、成人手術よりも繊細な手術器具や技術を要します。こどもはこれから心も身体も成長発達していきます。手術によって残る傷痕でその成長と発達に影響が出ないように、できるだけ手術の傷が小さくなるような手術方法を取り入れています。適応基準を決めたうえで日帰り手術も行っています。
 2019年7月からは隣接する国立循環器病研究センターと連携して先天性心疾患を合併した小児外科疾患の依頼出張手術も行っています。

医師紹介

ntanaka.jpg

田中 夏美
(部長)

  • 日本外科学会 外科認定医・専門医・指導医
  • 日本小児外科学会 小児外科専門医・指導医
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 難病指定医
  • 身体障害者福祉法指定医師(膀胱または直腸機能障害)
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 臨床研修指導医講習会受講
  • 乳腺認定医

緩和ケア研修会受講(平成28年)

《専門:小児外科》

外来担当表

小児外科 午前 田中
午後 田中
一般外科 午前 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制
午後 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制

地域の先生方へ

専門外来日以外でも、一般外科の交替診での診療できます。

医療機関専用電話06-6387-3805までお気軽にお電話ください。illust3525.png

診療実績

対象疾患

どんな手術をしているの?

その他、以下の表に掲げるような疾患を疑われました際には大学病院と連携のもと対応可能ですので、いつでもご相談ください。

体表、胸部

鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、臍ヘルニア、正中頚嚢胞、漏斗胸、副耳、耳前瘻など

消化器疾患

急性虫垂炎、肥厚性幽門狭窄症、胃食道逆流症、ヒルシュスプルング症、肛門周囲膿瘍、胆道閉鎖症、胆道拡張症、腸重積など

良性腫瘍

リンパ管腫、血管腫など

病棟の様子

広報誌「ともに」で小児科病棟の特集を行いました。→詳しくはこちら

syounigeka.jpg   

病棟にはかわいい動物たちがいっぱい!どんな動物さんに会えるかな?

syounigeka_2.jpg

広くて、眺めの良いプレイルーム。屋上庭園もありますよ。

日帰り手術