1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 外科

外科

外来担当表 Bブロック

受付時間:初診・再診とも 
午前8:30〜11:00 午後0:30〜2:30
診療科 診療枠
消化器 午前 初診 戎井(上部) 岡村(下部)   岡村(下部) 衣田(肝胆膵)
福地(肝胆膵) 北原(下部)   玉井(下部) 山村(上部)
        玉井(下部)
午後 予約 戎井(上部) 福地(肝胆膵)   岡村(下部) 山村(上部)
福地(肝胆膵) 北原(下部)   ★ヘルニア外来  
乳腺 午前 初診 渡邉 住民健診
(乳癌)
  渡邉  
午後 予約 渡邉 渡邉   渡邉  
呼吸器 午前 初診     高畠 横内  
午後 予約     高畠 横内  
一般外科 午前 初診 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制
午後 急患のみ 交替制 交替制 交替制 交替制 交替制
小児外科 午後
(予約)
第1・第3のみ
14:00〜16:00
        高間

★印は専門外来を示しています。

スタッフ紹介

衣田 誠克
(総長)
  • 日本外科学会指導医・外科専門医
  • 日本消化器外科学会指導医
  • 日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医
  • 麻酔科標榜医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 大阪大学臨床教授
    《専門:消化器外科、胃がん・食道がんの診断・治療、腹腔鏡手術》
横内 秀起
(特任副院長)
  • 日本外科学会指導医・外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医・指導医
  • 日本呼吸器学会専門医
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • 日本胸部外科学会認定医・呼吸器外科専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 全国自治体病院協議会 第28回新臨床研修指導医養成講習会(平成18年)
  • 緩和ケア研修会修了(2008年)
  • 臨床研修協議会 責任者養成講習会(平成20年)
  • 《専門:呼吸器外科、肺がんの診断と治療、がん薬物療法》
戎井 力
(副院長)
  • 日本外科学会指導医・外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 日本乳がん学会認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 《専門:消化器外科、胃癌・食道がんの診断・治療、腹腔鏡手術、がん薬物療法》
福地 成晃
(診療局長)
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
  • 日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本胆道学会認定指導医
  • 《専門:消化器外科、肝胆膵外科、腹腔鏡手術》
岡村 修
(主任部長)
  • 日本外科学会外科認定医・指導医・専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本大腸肛門病学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本医師会認定産業医
  • 緩和ケア研修会(2010年)
    《専門:消化器外科、大腸がんの治療、腹腔鏡手術、がん薬物療法》
山村 憲幸
(部長)
  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 近畿外科学会評議員
    《専門:消化器外科、胃癌・食道がんの診断・治療、腹腔鏡手術、がん薬物療法、ヘルニア》
渡邉 法之
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本乳癌学会乳腺認定医、乳腺専門医
  • 日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医・超音波検査実施判定医師
  • 緩和ケア研修会(2016年)
北原 知洋
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医、消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化管学会胃腸科専門医
  • 《専門:消化器外科、大腸がんの手術、腹腔鏡手術、がん薬物療法》
玉井 皓己
(医長)
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
高畠 弘幸
(医員)
美濃地 貴之
(医師)
(外来診察・手術応援)
古川 順康

(招聘医師)
  • ふるかわクリニック院長
    (専門:乳がんの診断・治療)

特色

診療実績・評価

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本呼吸器外科学会、日本乳癌学会の専門医・指導医が揃っており、各学会の修練施設として認定されています。

すなわち、一般外科・消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科および消化器がん・肺がん・乳がんの専門家がおり、技術レベルの維持に必要な一定の手術件数をこなしており、科学的根拠に基づいた現在における標準的治療を実践しております。(手術実績については表参照)

主な治療対象:

  • 食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵がん、胆道がん、肺がん、乳がんなどの悪性疾患
  • 胆石、ヘルニア、気胸などの良性疾患
  • 虫垂炎、胆のう炎、腹膜炎、腸閉塞などの急性腹症

インフォームドコンセントと治療選択

標準的治療とは、生存率、有効率など全て確率の比較によって得られたものです。標準的治療を行ったからといって必ず良い結果が得られるとは限りません。また生存期間をわずか数ヶ月延ばすために大変な苦痛を伴う治療が必要なこともあります。同じような病状でも、それぞれの患者さまの年齢・環境・人生観・信念などによって、違う選択がなされてもよいと考えます。

したがって、実際の治療方針の選択過程では、病状に応じた推奨される標準的治療だけでなく、その他の方法についても説明の上で、患者さま自身にも参加していただいています。

なお、一つの医療機関にかかっている際に、他の医療機関に行って診断・治療方針を聞く、いわゆる「セカンドオピニオン」を求めることは、患者さまの当然の権利です。当院からの他院への紹介、他院から当院への相談、いずれの場合も遠慮なくお申し出下さい。

がん治療への総合的な取り組み

比較的早期のがんに対しては、腹腔鏡や胸腔鏡を用いた手術を積極的に導入し、からだにやさしい手術をめざしています。一方、進行したがんに対しては、積極的に拡大手術や、抗がん剤や放射線照射を組み合わせた集学的治療を行っています。

また完治することは困難な切除不能の進行がんや手術後の再発症例に対しては、できるだけがんの進行を抑え、症状を緩和し、患者さまの生活の質(QOL)を維持できるように、外来通院での抗がん剤の投与や放射線治療、在宅緩和ケアへの移行をサポートしています。

平成29年度外科 実績

麻酔別外科手術 症例数(件)
全身麻酔 541
硬膜外麻酔、腰椎麻酔 66
局所麻酔 46
悪性腫瘍根治術 症例数(件)
乳がん 50
胃がん 39
結腸・直腸がん 75
膵・胆道がん 10
肝がん・転移性肝腫瘍 12
肺がん・転移性肺腫瘍 39
良性腫瘍根治術 症例数(件)
胆のう摘出術 106
鼠径・腹壁ヘルニア 114
痔核・痔ろう 24
気胸 11
急性腹症緊急手術 症例数(件)
虫垂炎 70
腹膜炎・腸閉塞 23