1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 外科
  5. 乳腺外科

乳腺外科

乳腺外科(担当医師:渡邉法之、古川順康)

診断に関してはマンモグラフィー、エコー、CT、MRI等の画像検査、マンモトーム生検(エコー下、ステレオ何れも)等、必要不可欠な検査は全て当院で施行可能です。手術については、乳房温存術に留まらず、より整容性を求める場合は、大阪大学形成外科のご協力の下、再建手術にも対応可能であり、ガイドラインを遵守した上でセンチネルリンパ節生検も行っております。化学療法は外来点滴センターにて行なっていますが、必要な際は適宜入院対応が可能です。放射線治療も、術後、あるいは進行再発乳癌に対して積極的に行っております。