1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療協力部門のご案内
  4. 薬剤部

薬剤部

特色

薬剤部では、患者さまに安全で安心してお薬を使って頂くために、薬剤部基本方針に基づき、部員一丸となって薬剤業務に取り組んでいます。また、医師・看護師をはじめ他の医療スタッフともしっかり連携をとり、ガン、緩和、感染、栄養などのチーム医療にも積極的に参加しています

薬剤部基本方針

  1. 常に患者さまに思いやりの気持ちで接し、患者さまから信頼される薬剤師を目指します。
  2. 正確・安全な調剤を心掛けると共に、患者さまが安心して安全な薬物療法を受けられるよう医薬品の安全性・有効性のチェックを行い医療事故防止に努めます。
  3. 薬剤師としての職能を活かし積極的にチーム医療に貢献します。
  4. 適正な医薬品管理を行い病院経営に貢献します。

業務紹介

外来・入院調剤

医師が処方したお薬の内容は薬剤師が服用量、のみ方、のみ合わせ等を確認し調剤を行っています。外来患者さまのお薬は原則、院外処方で対応させて頂いています。院外処方箋も薬剤師が処方内容を確認のうえ、患者さまに処方箋をお渡ししています。

注射調剤

内服薬と同様に薬剤師が処方内容を確認し、自動注射払い出し装置を利用して、患者さまごとに1日分ずつ調剤しています。

自動注射払い出し装置

注射剤の混合無菌調製

高カロリー輸液の混合調製は、無菌室に設置してあるクリーンベンチ内で調製を行っています。

クリーンベンチ内での高カロリー輸液の無菌調製

抗がん剤の混合調製

医師によりレジメン入力された抗がん剤処方は、薬剤部に導入された化学療法チェックシステムで再度、投与量、投与間隔等の確認を行います。患者さまに安全に投与できるように、安全キャビネットの中で薬剤師2人が互いに確認しながら混合調製を行っています。

安全キャビネット内での抗がん剤調製

医薬品管理業務

院内で使用される医薬品の発注、納品などの在庫管理を行っています。医薬品は適切な品質管理と適正在庫に注意しながら管理を行うように心掛けています。

医薬品情報業務

専任の薬剤師を一人配置し、厚生労働省や製薬メーカーなどからの医薬品情報や副作用情報を収集管理しています。院内専用の薬剤部ホームページを作成し、医師をはじめ医療従事者に、いろいろな情報提供を行っています。また医師や看護師からの薬についての問い合わせにも対応しています。

病棟薬剤業務

総ての病棟に専任の薬剤師が常駐しています。病棟薬剤師の業務は、患者さまが普段服用しているお薬の内容や副作用、アレルギー歴などを確認し、患者さまから得られた情報を医師・看護師と情報共有し治療に役立てています。そして患者さまが安心してお薬を服用して頂けるように、ベッドサイドでお薬の内容をできるだけ分り易く説明できるように努め、ご質問にもお答えしています。

ベットサイドでのお薬の説明

治験管理業務

臨床研究管理センターに専任の薬剤師を1名配置して、CRC(臨床研究コーディネーター)、DM(データマネージャ-)として、臨床研究全般をサポートしています。また、治験事務局、治験審査委員会事務局業務を実施しています。

おくすり外来(薬剤師外来)

平成25年6月より「おくすり外来」を始めました。ここでは経口抗がん剤や医療用麻薬を服用している外来の患者さまを対象に、医師の診察前に薬剤師が面談し服薬状況や副作用、痛みの状態を確認し、服薬に際しての注意点等を説明しています。また患者さまからのご相談やご質問に対してもお応えしています。医師への情報提供や処方提案などを通して、患者さまが安心してお薬を服用していただけるように心掛けています。

薬学部生実習受け入れ

薬学部5回生による長期実務実習を年間に9名受け入れています。講義や実習を通じて未来の薬剤師の育成をサポートしています。

薬剤師会との連携

保険薬局との情報共有を目的に、吹田市薬剤師会と協働で定期的に吸入指導実技の勉強会や「すいた薬剤交流会」などを開催し連携の強化を図っています。

吸入指導勉強会
すいた薬剤交流会

ダウンロード

吸入指導関係

吸入薬の操作とそのチェックポイントをまとめた一覧表です。

病院・診療所の医師と保険薬局の薬剤師の間で情報を共有して、吸入療法に役立てる為の依頼書・評価表です。
※ 問い合わせ先 ; 吹田市薬剤師会(06-6386-8931)

実績

平成29年度
外来 入院
内服処方箋枚数 (院外)8,051枚/月
(院内)1,904枚/月
6,267枚/月
注射処方箋枚数 675枚/月 8,147枚/月
抗がん剤無菌調製件数 236件/月 129件/月
高カロリー輸液無菌調製件数 55件/月
薬剤管理指導件数 1,187件/月
持参薬確認件数 6,334件/年
「おくすり外来」指導件数 264件/年
外来患者化学療法薬剤指導 124件/年
外来患者吸入指導 96件/年
外来患者禁煙補助薬薬剤指導 21件/年
外来患者自己注射指導 40件/年
学会発表
児玉暁人、辻文生 吹田市における吸入指導の現実と限界 2017/6/16第66回日本アレルギー学会学術大会
児玉暁人、今井兼貴、岩田智津子、森信介、長生幸司 Helicobacter pylori除菌治療におけるボノプラザンと既存プロトンポンプ阻害薬の効果の比較 2017/11/3第27回日本医療薬学会年会
先崎郁美、児玉暁人、今井兼貴、髙橋文香、八尾祥子、森信介、和田恭一、老田章 薬学実務実習における他施設見学の有用性に関するアンケート調査 2017/11/3第27回日本医療薬学会年会
駒居真紀子、児玉暁人、森信介、辻文生 吹田市での吸入指導連携の構築ー第4報吹田市における吸入薬再指導の現状ー 2017/11/3第27回日本医療薬学会年会
髙橋文香、児玉暁人、今井兼貴、岡明美、八尾祥子、森信介 がん患者を対象とした薬剤師外来についてー第1報運用の構築と現状報告 2017/11/3第27回日本医療薬学会年会
今井兼貴、児玉暁人、髙橋文香、水庫彩、森信介 進行非小細胞肺癌に対するPembrolizumab使用症例の検討 2018/2/3近畿薬剤師合同学術大会2018
児玉暁人、瓦侑馬、中野美佐、彌栄香子、大谷綾子、斉藤健治、春原はるか、辻文生、森信介 認知症ケアーチームの立ち上げと取り組みについて 2018/2/3近畿薬剤師合同学術大会2018
安達祐未、今井兼貴、児玉暁人、髙橋文香、森信介 ペグフィルグラスチム皮下注の使用実態調査 2018/2/3近畿薬剤師合同学術大会2018
資格
認定名 職員数(名)
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 3
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 1
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 2
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 2
糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 5
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療養士 2
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 5
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 4
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 5
日本医療薬学会 認定薬剤師 2
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1
日本くすりと糖尿病学会 糖尿病薬物療法准認定薬剤師 1
日本アンチドーピング機構 スポーツファーマシスト 1