1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 整形外科

整形外科

外来担当表 Bブロック

受付時間:初診・再診とも 
午前8:30〜11:00 午後0:30〜2:30
診療枠
午前
(紹介制)
西村・田川・杉安・廣白 鈴木・森本・黒田・冨士 鈴木・西村・中村(吉)・松本 杉安・松本・中村(正) 森本・小林・中村(吉)・廣白
午後
(紹介制)
黒田 鈴木
(★脊椎外来)
西村・杉安
(★関節外来)
  小林
(★肩関節外来) 
西村
(★関節外来)
  田川
(★スポーツ・RA外来)
   
小林
(★肩関節外来)
   小林
(★肩関節外来)
   

★印は専門外来を示しています。

お知らせ

平成28年4月1日より、整形外科外来の診察は、紹介患者さまと予約患者さまのみの診察となります。
初診の際には、必ず医療機関からの紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。
(救急搬送患者さま、当院整形外科にてフォローが必要な患者さまは除外されます。)

スタッフ紹介

鈴木 省三
(副院長)
(リハビリテーション科部長)

脊椎外科

  • 日本整形外科学会専門医・認定脊椎脊髄病医
  • 脊椎脊髄病学会指導医
  • 運動器リハビリテーション医
中村 吉晴
(主任部長)

手の外科、外傷整形外科

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本手外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本肘関節学会員
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 小児運動器疾患指導管理医師セミナー受講
  • 大阪府災害医療研修受講
西村 岳洋
(部長)

人工関節(膝関節・股関節)

関節温存手術(膝関節・股関節)

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定リウマチ医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本人工関節学会員
  • 日本股関節学会員
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会員
田川 泰弘
(部長)

スポーツ整形外科、リウマチ科、外傷整形外科

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会リウマチ認定医
  • 日本リウマチ学会専門医
杉安 謙仁朗
(医長)

人工関節(股関節・膝関節)、外傷整形外科

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本股関節学会
  • 中部整形外科災害外科学会員
  • 日本人工関節学会員
黒田 泰生
(医長)
  • 日本整形外科学会専門医
  • 難病指定医
  • 身体障害者福祉法 指定医師
森本 時光
(医長)

脊椎外科

  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 再生医療学会認定医
  • 難病指定医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
  • 医学博士
  • 身体障害者福祉法第15条第1項に規定する医師
  • BKP認定医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床リハビリテーション医
  • 障害者スポーツ医
小林 篤
(医長)

肩・整形外科一般

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本肩関節学会
  • 日本肘関節学会員
  • 日本骨折治療学会、中部整形外科災害外科学会
松本 真一
(医長)
  • 日本整形外科学会専門医

廣白 大介

(医長)

  • 日本整形外科学会専門医

手の外科

冨士 晴華

(医師)

  • 日本整形外科学会
  • 日本肩関節学会
  • 日本股関節学会

中村 正人

(医師)

  • 緩和ケア研修会(平成29年)
  • ICLS受講

特色

大阪北摂地域では随一の症例数を数え、さまざまな整形外科疾患に対して高度で専門的な治療を迅速に行う事ができることが最大の特徴です。骨折などの外傷や高齢者においては早期手術・早期離床やリハビリテーションを行うことでより良い生命予後、機能予後が期待できることになります。
当院では、麻酔科・看護局の緊密な協力により、外来受診から手術までの期間を極力短縮することが可能となっています。外傷では当日手術を含め数日以内に手術を行い、早期社会復帰が可能です。関節症や脊椎疾患においても同様で、入院申込みから手術までの期間が非常に短いことが最大の患者貢献となっています。
高齢であっても全身合併症が重篤でなく、機能予後が期待できれば積極的に手術を行っています。
専門領域としては関節外科、脊椎外科、リウマチ、手の外科、スポーツ整形の専門スタッフが充実しています。
専門領域において良好な治療結果を残しています。

関節外科クリニック

股・膝関節の変形性関節症や関節リウマチに対して主に人工関節置換術を施行しますが、症例によっては関節温存手術を行っています。人工関節置換術を行う場合には、患者さまの年齢、活動性、骨形態、骨質を検討し、最適な人工関節の機種を決定しています。人工膝関節ではより良い機能予後を得るために症例を選んで単顆置換術を行っています。人工股関節では前外側進入でアプローチし低侵襲な手術を実現しています。

脊椎外科クリニック

側弯症を除くほとんどの脊椎疾患の治療が可能です。手足のしびれや巧緻性障害・歩行障害を生じる頚髄症に対しては椎弓形成術や前方固定術を行ないます。 腰椎のヘルニアに対しては硬膜外注射などの保存的治療が有効なことが多いため、まず外来での保存的治療を行います。保存療法が無効な場合には髄核摘出術等を行います。
腰部脊柱管狭窄症に対しては除圧術を行ないますが、腰椎の不安定性がある症例や再手術例は積極的にインスツルメンテーションを用いた固定術の適応としています。
高齢者の椎体骨折部が偽関節となり保存療法が無効な場合には、椎体形成術やバルーンを用いた経皮的椎体形成術を行います。

手の外科・上肢クリニック

骨折、腱損傷などの外傷に加え、末梢神経障害、リウマチなどの手の変形などに専門的な治療が可能です。石灰沈着性腱板炎には超音波下穿刺などで早期除痛を得られています。

スポーツ、膝、リウマチクリニック

主に外来での生物学的製剤の導入・維持を行い、症状の軽減のみならず疾患の寛解にまで至ることが可能となっています。リウマチ専門医の増員に伴い、従来以上に専門的な治療が可能となりました。手術適応症例には、関節クリニックや手の外科クリニック専門医と協力して診療に当たります。

骨粗鬆症クリニック

骨粗鬆症は、単に骨量が減少するだけでなく、骨折の増加する危険性に関連しています。日頃は、何も症状がなく、検診で指摘されたり、骨折をきたすまで気づかないことが多いのが現状です。
当院では最新の骨密度測定法(デキサ)が導入され、多角的な検査に基づいた診断や最新の治療薬による治療を行います。内科やリハビリテーション科などの協力のもと、総合病院ならではの態勢で治療に取り組みます。

スポーツ整形クリニック

関節鏡による膝関節の靭帯再建術、半月板の治療を専門としています。他に下肢のスポーツ外傷の治療を行います。上肢に関しては手外科専門医と協力して治療に当たります。

外傷整形外科

当院で対応可能な症例である限りは受診したほぼ全例を受け入れて治療しています。手術適応症例に対して極力早期に治療できるように心掛けています。高齢者の大腿骨頸部骨折には人工骨頭置換術、骨接合術などを行います。

当院の専門性が低い分野
腫瘍整形外科、小児整形外科、足の外科

診療実績

整形外科病床数75床 平均外来患者数93.9人/日
平成30年度 手術件数1322件(平成30年4月〜平成31年3月)

手の外科
骨、関節、靭帯 224
皮下、筋、腱 54
神経、血管、リンパ 81
上肢
肩、上腕骨折 46
鎖骨および周辺骨折 33
腱板その他 45
下肢
下肢骨折以外 75
下腿骨折 5
足骨折 9
足関節骨折 38
膝関節骨折 18
大腿骨頸部骨接合 64
大腿骨骨幹部骨折 7
その他(創傷処置) 1
人工関節
170

270

大腿骨人口骨頭 37
関節その他 5
脊椎
頚椎 26
胸椎 11
腰椎 96
その他 7

(1)関節外科

  • 人工股関節全置換術
    1. 対象疾患:変形性股関節症、関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、外傷の後遺症など
    2. 96%の症例は腰椎麻酔で施行
    3. 最近の5 年間では初回人工関節の固定は全例にセメントは非使用
    4. 原則として高齢者以外には自己血輸血を施行(同種血輸血率3%)
    5. 高位脱臼例以外は手術の翌日に離床、入院期間は片側例で平均24 日間
    6. 前外側進入でアプローチし低侵襲な手術
    7. 豊富な手術実績
  • 骨盤骨切り術
    1. 弱年で軟骨があるにもかかわらず、痛みの為、日常生活で障害がある方に適応があります。
    2. 入院期間は、約6 週間。
  • 人工膝関節全置換術
    1. 対象疾患:変形性膝関節症、関節リウマチ
    2. 平均手術時年齢75 歳(最高齢94 歳)
    3. 95%の症例は腰椎麻酔で施行
    4. 原則として術前の貯血式自己血輸血は行わず術後の自己血回収術で対処
    5. 手術の翌日に離床、歩行訓練を開始、入院期間は片側例で平均21 日間
    6. 両側同日の手術も可能、入院期間は片側例と同じで平均21 日間。
    7. 可能な限り靭帯を温存、症例を選んで単顆置換術を施行。
    8. 豊富な手術実績
  • 高位脛骨骨切り術
    1. 活動性が高く手術後も走りたい人、正座が必要な人などに適応があります。
    2. 除痛効果は、人工膝関節にやや劣ります。
    3. 入院期間は平均28 日間。

(2)脊椎外科

  • 頚椎椎弓形成術18例、腰椎開窓術61例、腰椎固定術24例、髄核摘出術32例
  • 入院期間はほぼ2週間ですが、髄核摘出術や単椎間開窓術では5-7日程度での退院も可能。

地域の先生方へ

スタッフの充実に伴い幅広い整形外科疾患に対する専門的治療が可能となっています。
外傷では当院で対応可能な症例である限りは受診したほぼ全例を受け入れて治療しています。
吹田市の諸先生方と連携し貢献したいと考えていますので、何時でも、気軽にご相談下さい。