1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療協力部門のご案内
  4. 透析部

透析部

スタッフ紹介

熊田 憲彦
(腎泌尿器科部長)
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医、
  • 日本透析医学会認定医・指導医
  • 日本腎臓学会認定専門医・指導医、
  • 日本臨床腎移植学会 腎移植認定医
  • 日本移植学会評議員、
  • 大阪市立大学非常勤講師
松田 淳
(透析部部長)
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医、
  • 日本透析医学会認定医・指導医、
  • 日本泌尿器内視鏡学会評議員
長谷 太郎
(医長)
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医、日本透析医学会認定医
佐竹 伸
(医員)
  • 日本泌尿器科学会専門医
西浦 彰洋
(医師)
北野 裕子
(医師)

特色

透析科は腎泌尿器科が兼任しており、広く腎疾患を対象として診療しております。高齢化に伴い糖尿病、高血圧などの種々の疾患を原因とした慢性腎臓病が増加し、加療が必要とされる頻度は高くなりつつあります。我々は慢性腎臓病に対する保存的治療および血液透析、腎移植による腎代替療法を行っています。血液透析導入前の慢性腎臓病に関しては通常の泌尿器科外来および火曜日午後の腎不全外来で診療しています。透析の導入を少しでも先送りできるよう配慮を心がけ、また活動性の高そうな腎疾患については腎生検術を行って組織型を確認し必要な治療を行っています。血液透析に関しては透析ベッドを19 床擁しており、医師5 人、看護師11 人、臨床工学士6 人で業務に当たっています。通常の血液透析に加えて潰瘍性大腸炎、クローン病、慢性関節リウマチなどの自己免疫疾患にたいする血球成分吸着除去療法、肝不全、膠原病に対する血漿交換療法、難治性腹水に対する腹水濾過濃縮再静注法なども行っています。他院に通院しておられる血液透析の患者様が当院での他科の治療を受けられる場合の入院中の血液透析も積極的にお引き受けしています。血液透析を行うためには手術による血流改変が必要であり内シャント造設術、動脈表在化術、人工血管造設術を、また透析導入後も血管の狭窄、閉塞が生じることがあり経皮的血管形成術、内シャント再建術などのIVR(Interventional Radiology)を施行しています。透析導入前から治療を開始し導入後、腎移植後も同一スタッフにより治療を継続できること、泌尿器科が兼務することによって尿路の閉塞性疾患が原因となる腎後性腎不全についても迅速に対応できることが我々の強みであると考えています。

診療実績

年間のべ血液透析回数 約10、000回
年間透析導入患者数 約20名
現在の血液透析患者数 約70名

地域の先生方へ

近隣の先生方におかれましては今後も泌尿器科領域、腎疾患領域の患者様をご紹介いただくとともに、就業、居住地域により当院への通院が困難な患者様の当科からの紹介をお受けいただければと思います。