1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 脳神経外科

脳神経外科

外来担当表 Cブロック

受付時間:初診・再診とも 
午前8:30〜11:00 午後0:30〜2:30
診療枠
午前 竹綱 宮尾 手術 嶋田 嶋田
午後
(予約)
嶋田   手術 宮尾(脊椎・脊髄)  

スタッフ紹介

宮尾 泰慶
(部長)
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脊髄外科学会認定医
  • 脊椎脊髄外科専門医
竹綱 成典
(医長)
  • 日本脳神経外科学会専門医
嶋田 延光
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医

特色

脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷はもとより、近年は脊椎脊髄疾患の手術治療も実施しています。

脳血管障害

従来より脳卒中の救急診療に精力的に取り組み、破裂脳動脈瘤や脳出血の手術などの治療を実施してきました。最近では脳卒中を予防する目的で、最新のMRI・3D-CTA・SPECT などを用い、未破裂脳動脈瘤の発見治療に努め、また脳梗塞発生のハイリスク患者に対する脳循環機能の評価等も積極的におこなっています。平成24 年より脳梗塞の治療を専門とする神経内科医が当院常勤として加わり、脳血管障害の診断治療の一層の発展を目指しています。

脳腫瘍

原発性脳腫瘍はもちろんですが、転移性脳腫瘍にたいしても患者さまのADL 向上を目的に他科と連携をとり腫瘍摘出術や放射線治療を積極的に行っています。

頭部外傷

高齢者の軽微な頭部打撲後の慢性硬膜下血腫症例が増加しています。外傷後に頭痛・物忘れの進行・歩行障害等の症状があれば、一度ご紹介ください。

脊椎脊髄疾患

頚椎から腰椎にいたるまでの各種疾患(頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊髄腫瘍など)にたいして顕微鏡を用いた低侵襲手術(高齢者でも可能)を実施しています。術翌日よりの離床、歩行および術後1 週間での退院、早期の社会復帰が目標です。日本脊髄外科学会認定医の宮尾医師が木曜日午後に脊椎脊髄専門外来を行っています。四肢のしびれ・痛み、歩行障害(間歇性跛行や痙性歩行)等の症状があればご紹介下さい。

その他

正常圧水頭症、脳脊髄液減少症の診断、手術も実施しています。

診療実績

平成29年度 総手術件数52件
(脳腫瘍摘出術10例、脳動脈瘤クリッピング術1例、慢性硬膜下血腫15例、水頭症手術3例、脊椎脊髄手術13例など)

地域の先生方へ

地域の先生方からご紹介をいただいた患者さまは、できるだけ当日に検査を実施し、診断治療を迅速におこなうことを目指します。また必要に応じて当院の専門診療科に院内紹介して連携をとりながら診療させていただきます。