1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 外科
  5. 消化器外科

消化器外科

上部消化管

 対象疾患は、胃・食道の疾患です。早期癌から高度進行癌まであらゆる進行度の症例を受け入れています。治療方針については「治療ガイドライン」に準じたエビデンスのある治療をこころがけています。また内視鏡検査にも力を入れており、術前診断から術後のフォローアップまで行っています。

ヤノマサヒコ(矢野雅彦).JPG

矢野 雅彦
(理事長)

  • 日本外科学会 外科専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会 評議員・消化器外科専門医・指導医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医・指導医
  • 日本食道学会 理事・食道外科専門医
  • 日本気管食道科学会 気管食道科専門医(外科食道系)
  • 日本胃癌学会 評議員
  • 日本癌治療学会 代議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本外科代謝栄養学会 副会長

エビスイチカラ(戎井力).jpg

戎井 力
(副院長)

  • 日本外科学会指導医・外科専門医
  • 日本消化器外科学会専門医・指導医・消化器がん外科治療認定医
  • 日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
  • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 日本乳がん学会認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医

《専門:消化器外科、胃癌・食道がんの診断・治療、腹腔鏡手術、がん薬物療法》

胃癌について

胃癌治療ガイドラインに準じて、患者様の病状と希望に合った治療選択を致します。消化器内科との連携のもと、早期癌から高度進行胃癌の治療を迅速に実践しています。

(1) 早期胃癌について

早期癌に対しては低侵襲で胃機能を温存した治療を目指します。内視鏡治療の適応症例には粘膜切除術(EMR)や切開剥離術(ESD)を、また適応の無い症例に対しては鏡視下手術を積極的に行っています。

(2) 進行胃癌について

進行胃癌に対しては根治性を追求した、精度の高い手術を目指します。さらには、手術に化学療法や放射線療法などを組み合わせた集学的治療を積極的に取り入れ、成績の向上に努めています。近年増加がみられる食道胃接合部癌に対する化学放射線治療や高度進行癌による幽門狭窄に対するステント療法を実施しています。

syoukaki_geka_HP.png

食道癌について

(1) 食道癌手術について

食道癌は胃癌や大腸癌に比べて比較的早い段階からリンパ節転移をおこし、転移するリンパ節の範囲は頸部から胸部、腹部と広範囲にわたります。したがって、胸部食道癌に対する手術では、胸部食道と腹部食道を切除(亜全摘)し、頸部・胸部・腹部の3領域のリンパ節を切除します(3領域リンパ節郭清)。食道を切除した後は、胃を細長い状態にし(胃管)、頸部まで引き上げてつなぎ合わせを行います。

(2) 当院の特徴

当院には、食道癌手術の経験が豊富な日本食道学会の食道外科専門医が在籍しておりますので安心して手術を受けて頂けます。また手術以外にも、消化器内科、放射線治療科と連携してあらゆるステージの食道癌治療に対応いたします。例えば、早期食道癌に対しては内視鏡治療を、進行食道癌に対しては集学的治療(術前術後の化学療法+外科手術)を、大動脈や気管・気管支への浸潤のある切除不能高度進行食道癌に対しても導入化学療法や化学放射線療法を組み合わせて完治を目指した治療を行っています。また、非手術的な治療法も実施しています。

(2) 術後QOLの維持のための取り組み

1)胃管ルーワイ再建手術

食道癌の術後は、一部の方に就寝中に消化液や食べ物が口の中に逆流したり、食後に胃管がうっ滞するなどの症状がでることがあります。ひどい場合は誤嚥性肺炎を起こしたり、低栄養から活動性が低下したりします。当院では、胃管再建時に、逆流防止目的に十二指腸を離断し、排泄遅延軽減目的で胃管の幽門部後壁に大口径の胃空腸吻合を作成するルーワイ再建法を行って、これらの予防に努めております。

syokudo_QOL.jpg

2)喉頭機能温存手術

食道癌の手術では、術後の嚥下機能が低下します。当院では、嚥下機能の低下を軽減するために、頸部のリンパ節郭清する際にできるだけ頸部の傷を小さくして行っております。これにより、術後のむせや誤嚥が減少します。

下部消化管

大腸がん(結腸がん+直腸がん)は日本人のがんのなかで最も多いがんです。当院では大腸がんのエキスパートが最新の方法で治療にあたっています。

ごく早期のがんは大腸内視鏡で摘除すれば治ります。通常2 泊3 日の入院ですみます。ある程度進んだがんには手術が必要です。当院では、約9 割に腹腔鏡手術が行われています。また、直腸がんに対しては、できるだけ永久的人工肛門を作らない方針で治療をしています。

手術だけで治らない進んだがんに対しても、分子標的薬をはじめとする最新の抗がん剤、ラジオ波凝固、放射線照射などの方法を組み合わせて、最善の治療法を行っています。

肝胆膵

肝臓、胆嚢、膵臓に発生した腫瘍(主に癌)に対して治療を行っています。治療としては手術が中心ではありますがガイドラインを基本にした患者さまの病状に合った治療を行っています。

肝細胞癌の場合、手術以外にRFA(ラジオ波)、TACE(肝動脈化学塞栓術)などの治療もあるため、内科、放射線科と連携を図り検討し治療方針を決定しています。また、可能な限り低侵襲な手術も心掛けており腹腔鏡下肝切除術(外側区域切除、部分切除)や腹腔鏡下膵切除術(膵体尾部切除)も積極的に導入しています。しかし、これらの方法では不可能な病状も多く開腹による肝切除、膵切除ももちろん多く行っています。また、進行癌などで当院では治療が困難と判断した場合は大阪大学医学部附属病院などに紹介させて頂いています。

良性疾患の治療では、胆嚢結石や胆嚢ポリープに対する手術(胆嚢摘出術)を数多く行っています。少しでも体の負担にならないように腹腔鏡下手術を原則として行っております。創が一つである単孔式腹腔鏡下胆嚢手術を行う場合もあります。また、抜糸をしなくていいように吸収糸(溶ける糸)を用いた創閉鎖を行っています。術後は4~5日での退院となることが多いですが約3 日で退院することも可能です。