1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 脳神経内科

脳神経内科

外来担当表 Cブロック

受付時間:初診・再診とも 
午前8:30〜11:00 午後0:30〜2:30
診療枠
午前
(完全予約制)
藪本 てんかん脳神経内科(初診) 中野/石倉 三輪 細川
午後
(完全予約制)
  岸野  石倉   別府

スタッフ紹介

中野 美佐
(部長)
  • 日本神経学会 代議員
  • 日本神経学会 神経内科専門医・指導医
  • 日本脳卒中学会 認定脳卒中専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医・指導医
  • 日本てんかん学会 専門医・指導医・理事
  • 認知症サポート医

緩和ケア研修会受講(平成21年)

VNS(迷走神経刺激療法)講習会受講

かかりつけ医認知症対応力向上研修

細川 明子
(医長)
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本神経学会 神経内科専門医
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
藪本 大紀
(医員)
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本神経学会 神経内科専門医
岸野 義信
(医師)
  • 日本内科学会 認定内科医
石倉 照之
(招聘医師)
  • 大阪大学病院神経内科
  • 日本内科学会 認定内科医
三輪 隆志
(招聘医師)
  • 大阪大学病院神経内科
  • 日本内科学会 認定内科医
別府 祥平
(招聘医師)
  • 大阪大学病院神経内科
  • 日本内科学会 認定内科医

特色

脳神経内科疾患の領域は、髄膜炎・脳炎(感染性、自己免疫性)、痙攣・てんかん、頭痛、認知症、多発性硬化症・視神経脊髄炎、ギランバレー症候群・フィッシャ-症候群、その他末梢神経障害、神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病、レビー小体病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、重症筋無力症、脳血管障害など広範囲です。
当科が扱う症状としては、けいれん、頭痛、手足の脱力、しびれ、物忘れ、手足のふるえ、筋肉のやせ、意識障害、歩行のふらつき・めまいなどがあります。脳神経内科がどのような疾患を取り扱うかについては、日本神経学会のホームページより、脳神経内科の主な疾患の説明がご覧になれます。

当科では看護師、リハビリテーションスタッフ、公認心理師、ソーシャルワーカ―等多職種連携による全人的医療を目指します。
外来の混雑を避けるために予約制としておりますが、急に上記神経症状が出現した等、診察ご希望時は、脳神経内科外来にお電話にてご相談下さい。

地域の先生方へ

当科ではてんかん、脳炎、髄膜炎、ギランバレー症候群など神経内科救急疾患、末梢神経障害、認知症、稀少な神経内科疾患、神経難病など幅広く対応して行きます。吹田市保健所との連携をさらに図り、また大阪大学の難病ネットワークにも参加を継続して体制を充実して参ります。心理カウンセリング、認知症の診断のための高次脳機能検査にも対応していきます。脳卒中診療につきましては、今後隣接される国立循環器病研究センターと連携を図ります。
また中野は日本てんかん学会理事として、てんかん専門医施設(センター)検討委員他を担当しており、日本のてんかん診療の均てん化を目指して様々な検討をしております。当院は今年度大阪府よりてんかん専門地域連携施設に認定されました。地域の先生方と病診連携、病病連携を益々推進したいと思っております。患者さまの気持ちに寄り添う医療を提供できるよう心掛けています。H28年度から、脳波計がデジタル化されました。また地域からの脳波検査、末梢神経伝導速度検査の予約も受け付けております。

次年より、てんかん初診外来を開設します。
てんかん専門医により、てんかんの診断、薬物治療、妊娠、出産、運転免許、就労その他様々なことについて相談を行います。公認心理師、社会福祉士とも連携し、患者さまの社会的支援も目指します。QOLの尺度であるQOLIE-31を用いて評価し、患者さまのQOLの向上を図ります。必要時長時間ビデオ脳波モニタリングを行います。なお当院では精神科的アプローチが必要な偽性てんかんは扱っておりません。

当院脳神経内科で研修を考えている先生方へ

研修医の先生方は上級医によるマンツーマンの指導のもとで診療を行い、幅広い脳神経内科疾患を診ることができます。毎日指導医とともに症例カンファレンスを行い、問診、神経学的所見、鑑別診断を挙げて検査計画を立案します。神経学的補助検査である神経伝導速度、筋電図、脳波判読、頸部血管エコー、経頭蓋ドプラー、高次脳機能検査、自律神経検査等のトレーニングを行います。
当院では入院、外来で急性神経内科疾患から稀少な神経疾患まで様々な疾患を経験することができます。鑑別診断を考えるプロセスを脳神経内科チーム全員で共有しています。内科系も各グループが充実しており、共観で多くの内科疾患も診ることができます。