1. トップページ
  2. 診療部門のご案内
  3. 診療科のご案内
  4. 皮膚科

皮膚科

外来担当表 Aブロック

受付時間:初診・再診とも 
午前8:30〜11:00 午後0:30〜2:30
診療枠
午前 西野・宮﨑【明】 西野・宮﨑【明】 西野・宮﨑【明】 西野・宮﨑【明】 西野・宮﨑【明】
午後
(予約)
宮﨑【明】 宮﨑【明】 手術 大郷
(形成外科OP)
福田【萌】
(形成外科コンサルタント)
        西野

スタッフ紹介

皮膚科

西野 洋輔
(医長)
宮崎 明子
(医員)

形成外科

福田 萌恵
(招聘医師)
  • 大阪大学医学部 形成外科
清家 志円
(招聘医師)
  • 大阪大学医学部 形成外科
野守 三千子
(招聘医師)
  • 大阪大学医学部 形成外科

特色

皮膚科全般の診療を行っています。月~金曜は毎日午前、月曜・火曜・金曜の午後は予約のみの外来診療を行っております(尚、パッチテストは火曜の午後です)、水曜午後は予約で外来小手術ないし皮膚生検を行っております。
各種皮膚疾患に対し、軟膏・クリームの外用療法や抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬などの内服療法が中心に行っております。疣贅や腫瘍への液体窒素冷凍凝固療法、小切除術等を行い、接触皮膚炎や金属アレルギーが疑われる場合にはパッチテストなどを行っています。なお、糖尿病、慢性腎不全など慢性の全身性疾患の患者さんへのスキンケアも重要度が増しており、皮膚のかゆみや、足・爪白癬等の表在性真菌症などに関し適切な外用療法をお勧めするとともに、内科等他科の全身性疾患の初期症状としての皮膚症状には、診断の上、各科への連携を密にして対応するように努めています。
また、主として皮膚良性腫瘍等の疾患に関しまして、阪大病院より非常勤で形成外科の先生に来院いただき外来診療(金曜午後)、外来手術(木曜午後)を行って頂いております。
形成外科診察は完全予約制となっております。

診療実績

1日平均約50~70人の外来患者さまを診療しており、1年間の延べ患者数は約15,000人です。検査・生検・小手術は週約7件を実施しています。

地域の先生方へ

皮膚疾患全般に対応しております。但し、皮膚科の定床がない為、入院をお受け出来ません。また、紫外線照射器はございません。生検、パッチテスト等の検査や小手術は診察後、予約をお取りしています。

液体窒素冷凍凝固療法
局所麻酔下の小切除術
金属パッチテスト
入院をともなう治療 ×
紫外線照射 ×