1. トップページ
  2. 病院概要
  3. 医療安全室
  4. 宗教上の理由で輸血を拒否される患者さまへ

宗教上の理由で輸血を拒否される患者さまへ

医療安全室

当院では、『市民とともに心ある医療を』基本理念とし、患者さまとの相互信頼関係に基づいた医療サービスを提供するように努めています。すなわち医療行為の実施にあたっては、十分な説明と納得された同意の取得(インフォームドコンセント)を目指しています。

宗教上の理由で輸血拒否を望む患者さまに対して、そのことが理由での診療拒否はいたしません。そして、その意思を尊重することを基本とし、輸血に代わる方法をもって最善の治療努力をいたします。しかし、「輸血を行なわなければ生命に危険が及ぶ」と判断される場合には、医師の倫理に基づき輸血を実施すること(相対的無輸血)をふまえ、再度患者さまやご家族と充分話し合う機会を持ちたいと考えております。
ただし、免責証明書など『絶対的無輸血治療』への同意文書をお持ちいただいた場合には、署名はいたしません。

自己決定が可能な患者さま、ご家族さま・保護者さま、または代理人の方々に対しましても、当院の方針(相対的無輸血)を十分に説明し理解をいただけるように努力いたしますが、どうしても同意が得られず、治療(手術も含む)に時間的余裕がある場合は、速やかに他院に紹介し転院ができるようにすすめたいと考えております。(※他院紹介・転院については原則、患者さま及びご家族さまに対応可能な施設を探していただきます)

ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

相対的無輸血

患者さまの意思を尊重し、可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血を行なうという立場・考え方。

絶対的無輸血

患者さまの意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。