1. トップページ
  2. 病院概要
  3. ご挨拶

ご挨拶

地方独立行政法人
市立吹田市民病院
病院長 冨永信彦

地方独立行政法人市立吹田市民病院のホームページを開いていただき、誠に有難うございます。一言ご挨拶を申し上げます。

 市立吹田市民病院は平成30年12月にJR岸辺駅前に新築移転しました。建物は免震構造となっており、平成30年6月の大阪府北部地震の際にも影響は全くありませんでした。また井水、外気を利用した省エネシステムを採用しています。院内ではアメニティの充実とプライバシーの確保、動線に配慮して、患者さまやご家族、職員など病院の利用者にとって快適で利用しやすい環境を整えました。
診療面では救急患者を円滑に受け入れるために救急病棟を新設、急性期治療後の患者さまの低下した身体機能の回復を早期に図るため回復期リハビリテーション病棟を設置しました。また高齢化に伴い増加することが予想される呼吸器系、がん、整形外科系の一層の充実を図ります。本年7月に国立循環器病研究センターが隣接してオープンしますので、医療連携について行っていく予定です。
「市民とともに心ある医療を」の病院の基本理念に則り、今まで以上に良質で安全な医療を提供できるよう、職員一同努力いたしますので、ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

地方独立行政法人
市立吹田市民病院
総長 衣田誠克

 ようこそ、市立吹田市民病院ホームページへ。ご覧いただき、誠に有難うございます。
 市立吹田市民病院は、昨年の12月1日にJR岸辺駅前「健都」に移転してから4か月が経過しました。旧病院から引き続き受診して頂いている患者さまたち、また新しい地で初めてご来院頂いた患者さまたちにも少しずつ慣れて来て頂いたかと思います。
 さて、4月を迎え新しく病院に入職する病院職員をたくさん迎えることとなりました。一方、これまで一緒に頑張ってきてくれた仲間たちと離れることにもなりました。感謝の気持ちでいっぱいです。
本日に新元号『令和』が発表されました。5月1日には、『平成』から新しい『令和』の時代に変わります。本日新しく入職された職員は、まさしくこれからの新時代を担っていく人たちです。大いに期待したいと思っております。
辞令交付の際に新人職員の顔を眺めていますと、不安の表情や、また期待にあふれた表情もたくさん見ることができました。これからの新時代に、この新病院を一緒に支えて頂き、患者さまたちの喜んでおられる顔をたくさん見ることができるように頑張ってほしいと感じています。
地域の皆さまに信頼される病院であり続けることができるように、全職員あげて努めていきたいと思っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

2019年4月1日  総長  衣田 誠克