1. トップページ
  2. 医療関係の皆さまへ
  3. 臨床研修のご案内
  4. 後期臨床研修について
  5. 眼科研修カリキュラム

眼科研修カリキュラム

研修の概要

日常よく遭遇する一般的な眼科疾患を中心に研修し、眼科専門医の取得を主な目的とします。下記の専門医受験資格に従って、最初の1年は関西医科大学枚方病院または滝井病院で研修していただきます。当院での研修は2年目からになり、当科で3年間研修した後、眼科専門医認定試験を受験していただきます。募集人数は1人です。

眼科専門医認定試験の受験資格

厚生労働省の定める2年の卒後臨床研修を修了後、認定された研修施設で4年以上の眼科臨床研修を終了した者。4年以上の眼科臨床研修では、最初の2年のうち1年以上大学病院などの施設(眼科研修プログラムを承認された施設)で研修をするものとする。また、4年以上日本眼科学会会員であり、かつ受験時に日本眼科医会会員である者。

当科での平成24年の主な手術の件数

白内障手術(眼内レンズ縫着を含む)621件
硝子体手術(糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜上膜など)17件
緑内障手術(トラベクロトミー、ビスコカナロストミー)5件
網膜剥離に対する強膜内陥術4件

当科での研修カリキュラム

初年度 (1)問診の習熟(2)診察・検査の手技の習得(2)外来小手術の介助(3)入院患者の受け持ち(4)白内障手術等眼内手術の介助(5)他科との診療連携能力の習得(6)眼科臨床に必要な基礎知識の習熟
2年度 (1)臨床医に求められる基本的な診療に必要な知識・技能・態度の習得(2)保険業務の内容の理解(3)光凝固術の習得(4)外来小手術の習得(5)再来患者の外来診察
3年度 (1)医の倫理、チーム医療、患者およびその家族との人間関係、社会との関連性の理解(2)白内障手術の習得(3)初診患者の外来診察(4)学会発表と論文作成(4)医療に関する法律・医療安全と危機管理に関する知識の習得(5)一般の初期救急医療に関する技術の習得

研修後の進路

関西医科大学およびその関連病院(当院を含む)での勤務など、相談に応じます。