1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 一般の方
  4. 当院ホームページにおける個人情報の流出について(お詫び)
一般

当院ホームページにおける個人情報の流出について(お詫び)

 この度、市立吹田市民病院におきまして、クリニカルインディケーター(病院運営に係る指標)を当院ホームページに公開するにあたり、その1項目である「クリニカルパス(診療計画書)適用率」算出のために使用した個人情報データが誤って閲覧できる状態であった事案が発生しました。
 当該データにつきましては、8月18日(日)に削除し、現在は閲覧することができない措置を講じています。また、個人情報が掲載された患者さまにつきましては、お詫び文書を郵送させていただきます。
 患者さまの大切な個人情報を取り扱う医療機関としまして、個人情報取り扱いに対する認識が不十分であったことを深く反省し、患者さまならびに、ご家族の皆さまにお詫び申し上げます。
 今後、より一層の管理体制等の見直しを行い、再発防止に努めるとともに、個人情報の管理について指導徹底を図ります。

(1) 掲載されていた個人情報
 ア 掲載患者数
   7,167人
 イ 個人情報の項目
   患者番号、氏名、性別、年齢、クリニカルパス名称、診療科名称、入院日、退院日、その他クリニカルパス管理に必要な項目
(2) 掲載されていた期間
  令和元年8月1日(木)午前9時~8月18日(日)午後0時55分
(3) 事案発生の原因
 ホームページ掲載データについては、PDF化するなど掲載情報を限定する措置を講じなければならないところ、個人情報データが掲載されたエクセルシート(タブ)に気づかず、エクセルファイルのまま公開してしまったことが原因です。
(4) 再発防止策
 〇ファイルをホームページで公開する場合は、原則PDF化することを再度職員に周知・徹底します。また、ホームページ公開の際には、従前の紙面での決裁に加え、所属長がホームページの画面を確認した上で、承認行為を行う運用に変更しました。
 〇職員に対し、個人情報保護の重要性を再認識させ、適切な取り扱いを徹底します。

市立吹田市民病院
病院長 冨永信彦